設計と施工【机上と現場】II|新築の注文住宅、リフォームリノベーション、古民家再生もお任せください!

お問い合わせはお気軽に!

新着情報

設計と施工【机上と現場】II

2017/06/27

前回投稿のお宅の改修作業報告です

筆者の見立では、『室内温湿度環境に対して外壁(以降外皮といいます)の断熱性能が悪いので
表面結露が頻発し結果的に外皮室内側近傍の相対湿度が高い状態を維持している』

また目視確認では、当該カビは「クラドスポリウム(クロカビ)」と思われ
クロカビの最適温湿度状況は25℃〜45℃、94%〔RH〕なので、外皮低温化による表面結露を防止
するだけでクロカビは発育困難になる。と予想しました。

改修案は⇒外皮の断熱力強化+カビにくい仕上材の採用 としました。

先ずは現状の外皮性能を把握します
現況冬季
外が0℃で室内が20℃の環境だと外皮室内側表面温度は12℃です
この時室内の相対湿度が60%以上あるとき結露が発生します。

調査時の環境も確認しました。

これを踏まえて断熱性能の設計をします
今回は居室部分に施工された断熱材(GW10K100㎜)と同等の断熱力の材料で検討しました
改修案冬季
外皮室内側表面温度は18.8℃まで上がり、冬季の結露発生を解消します。
(調査時の条件では外皮室内側表面温度は24.2℃です)

、、、とこんな感じで温熱設計をして安全を確認し素材と施工方法を決定します。

現況 
壁に発生したカビを完全に処理し、高性能断熱材を完全施工しカビに強いアルカリ性の仕上げ材で仕上げます

以上

設計だけでも現場施工だけでも片手落ち。
詳細な設計と確実な施工【机上と現場】は密接にリンクする!! の巻でした。

最後まで読んでいただきありがとうございました('◇')ゞ


まるとおる山田
 

お問い合わせフォームはこちら

メールでのお問い合わせ

暮らしのアイデア

  • 測定サービス
  • ノアシステム

施工エリア

岐阜県・岐阜市・美濃市・関市・山県市・各務原市・本巣市・北方町・岐南町・笠松町・池田町・大垣市

その他のエリアも対応中!

会社概要

まるとおる山田建設

〒500-8233
岐阜市蔵前5-1-2
TEL. 058-245-2118
FAX. 058-240-3152
定休日:日曜日

公式facebook

Copyright (C) まるとおる山田建設. All Rights Reserved. Created by Co., Ltd アババイ.

page_top